事業内容

コンクリート内部調査

建物の老朽化による劣化状況の確認や、リノベーションやリフォームに際して、鉄筋や電気・電話等の配線を傷つけてしまう事故を防ぐために、壁や床の内部の調査を行っております。手法は大きく分けて2つです。

コンクリート内部エックス線調査

対象であるコンクリートの壁面や床にエックス線を照射し、コンクリート内部の様子を対象物の裏側に貼ったフィルムに撮影します。当社では撮影したフィルムは、現場に同行する暗室設置車両にて直ちに現像・解析作業を致します。コンクリート内部の鉄筋、電配管(鉄管、CD管)等の埋設物を目で見て確認できるため、コンクリートコアボーリングや斫り作業を安心して行って頂けます。

エックス線撮影状況
現地ケガキ状況

実際の作業では有資格者(エックス線作業主任者)が立ち入り禁止区域、管理区域などの安全管理体制に取り組みます。撮影時のエックス線は低線量ではありますが、有資格者の監視のもと安全に作業致します。当社では、暗室設備付き車5台、エックス線作業主任者5名を有しております。急なご依頼にも迅速に対応できる体制を整えております。

撮影後のエックス線フィルム

RCレーダによるコンクリート埋設物調査

対象物の裏側にフィルムを当てられない場合や、地中やエックス線照射では対応できない暑い壁などに対し行う調査です。高精度な電磁波レーダシステムを活用することにより、ピッチの狭い鉄筋やダブル配筋などを認識、解析して作業員が現地にデータを罫書きます。耐震補強工事等のケミカルアンカー打設時に、多く用いられております。

鉄筋探査状況
現地ケガキ状況

当社では、当該作業用にGSSI社製ストラクチャースキャンSIR-EZとSIR-HR、日本無線製ハンディーサーチNJJ200等、様々な局面に対応できる設備を有しております。測定深度は最大450mmです。現場に合わせ、適切な装置をご提案させて頂きます。

現地ケガキ状況
当社所有装置SIR-EZ:1台 SIR-EZHR:2台 SIR-XT:1台 NJJ200:1台

コンクリートコアボーリング

設備改修工事にて配管や通線などを行うために、コンクリートの壁や床に円形の穴を削孔する作業です。
作業には、ダイヤモンド粒子を埋め込んだ刃先をを使用し、穴の径はφ32〜φ400mmまで施工可能です。粉塵や騒音を最小限に抑えた工法になります。

コア削孔状況(φ400を削孔)
コア削孔による角開口作成

当社では、前述のエックス線調査とコアボーリングを一貫してご依頼して頂くことで、お客様のお手間が少なく、作業もスムーズに進むとの評価を頂いております。

各種非破壊検査

非破壊検査とは、その物を壊さずに内部や表面のきず、あるいは劣化の状態を調べる技術のことです。“非破壊”ですので、検査したものをそのまま使用することが出来ます。そのため、保守点検だけではなく、製品製造時の品質管理にも役立つ検査です。
当社では、放射線透過試験(RT)、超音波探傷試験(UT)、浸透探傷試験(PT)、磁粉探傷試験(MT)など、状況や材質に適した検査技術をご提案致します。

放射線透過試験(RT)
浸透探傷試験(PT)

超音波深傷試験は、試験体内部に超音波を伝播させ、内部の傷の大きさや深さを推定するものです。放射線透過試験では、対応不能な大きい配管の肉厚も計測可能です。鉄骨造の溶接部検査に最も多く使用されている検査でもあります。

株式会社アンカー
  • 〒124-0014
    東京都葛飾区東四つ木
    4-44-23-401
    TEL:03-6316-0052
    FAX:03-6356-7477
    横浜営業所 〒245-0063 
    神奈川県横浜市戸塚区原宿5-44-6宇田川マートC棟2階
    TEL:045-382-9477 
    FAX:045-382-9487
  • お問い合わせはこちら